So-net無料ブログ作成

JR尼崎脱線事故現場のマンションは現在どうなっているか? [鉄道関係]

JR福知山線,脱線事故,マンション,その後,慰霊碑,名前,JR西日本

【 当記事ページの目次 】

 1. JR福知山線が突っ込んだマンション名

 2. マンションは今後どうなっていくのか

 3. その名も恐怖のJR西日本の日勤教育訓練


JR福知山線が突っ込んだマンション名

 昨日から13年前の2005年( 平成17年 )4月25日午前9時18分頃、兵庫県尼崎市久々知でJR福知山線が脱線しマンション「 エフュージョン尼崎 」に突っ込み、乗客と運転手107名の尊い命が失われた。

ご冥福を、お祈り申し上げます。

JR西日本が運営するJR福知山線【 宝塚線 】が突っ込んだマンション「 エフュージョン尼崎 」は兵庫県尼崎市久々知3丁目27番35号にあり、主な概要は以下の通りである。↓

  • 総戸数・47戸
  • 構造・鉄筋コンクリート造
  • 築年月・2002年11月築
  • 階建・地上9階建て
  • 施工会社・( 株 )長谷工コーポレーション
  • 分譲会社・エフテック( 株 )

エフュージョン尼崎のマンションを、Googleアースで確認すると、現状はとどめているが......?↓

事故現場は尼崎駅の1.8Km手前であった。

結論から言って、同マンションの敷地はJR西日本が管理しており、すでに解体工事が始まっており、2018年現在は上層階から取り壊されて、今年の夏頃までに「 慰霊碑 」が建てられるのだという。

なので、上のGoogleアースは時期が若干古いものでは有るが事故後、既にマンションの住人は全員退去している。

スポンサードリンク

事故後、13年目の今年も哀悼の意を表す警笛を鳴らしながら通過したJR福知山線。

昨年には当「 世界の最新ニュースを一刀両断 」ブログでも取り上げたが、この事故の真の原因は収益の向上を目指してスピードアップを図っていたJR西日本の「 1秒の遅れでも出した運転手には厳しい日勤教育訓練 」という運営体質が裏目に出た事故でも有った。

今のマンションの状態はTHE PAGE大阪の動画で確認できる。↓


マンションは今後どうなっていくのか

 前章でも、お伝えしたとおり、今後も解体工事が進む予定。

宝塚線脱線事故12年 」より引用↓

JR西日本は来年夏ごろまでに一帯を広場に整備し、慰霊碑などを建てる。

【 引用ここまで↑出典:朝日新聞DIGTAL 】

事故当時は、制限速度70キロのカーブを115キロのスピードで入って脱線した。

その後の悲惨な状況は、当時のニュースが伝えている通りである。

運転手の男性は亡くなっているが、心理的な背景にはJR西日本の社内体質が起因していると指摘する声も多い。

スポンサードリンク

その名も恐怖のJR西日本の日勤教育訓練

 当ブログでは、昨年にJR西日本に対して最高裁は無罪判決を言い渡したニュースを取り上げた。↓

福知山線脱線事故の最高裁判決は?

マンションの話しとは焦点がズレるがJR西日本の安全対策は十分だったのか?

いまでは設置が義務付けられている「 ATS 」自動列車停止装置も事故当時は取り付けられていなかった。

もしATSが設置されていれば、電車は止まったのかも知れない。

しかし、それ以上に問題なのは運転手のダイヤの遅れを厳しく追求するJR西日本の「 日勤教育 」の在り方だったのか?

ダイヤの遅れを厳しく追求する運転手への「 日勤教育 」は、さすがに手を挙げるまではしないものの激しく罵倒するなどの再教育プログラムも組み込まれていたと報じられている。

ATSを設置し、収益構造最優先の企業体質が、どこかで改められていればマンションに列車が突っ込む事は無かったのかも知れないー。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.