So-net無料ブログ作成

下村脩博士の身長は何センチかが判明した! [学者]

クラゲ発光体,下村脩,身長,高さ,背丈,何センチ,何cm

 2008年に「 オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質 ( GFP:green fluorescent protein ) の発見と開発 」で
ノーベル化学賞を受賞した下村脩博士【 享年90 】は背が高い事でも知られる。

故・下村脩博士の身長は

 ボストン大学の名誉教授をされていた下村脩( しもむら おさむ )博士は、ご自分でも「 背が高いので中学時代はいつも同じポジション 」と、おっしゃっており小学校1年から3年までの3年間は日本の傀儡( かいらい )国家「 満州国( 中国北東部 )」の南で過ごしたと生前の講演の中で述懐されている。

さて、そんな下村脩博士の身長の高さであるが、「 182センチ 」で間違いない。

Illuminating Biology 」より引用↓

身長は182センチ

【 引用ここまで↑出典:http://bit.ly/2CX0TWa

Wikipedia情報にも、下村脩博士の身長は記されているが、出典が記載されていない。

だが、ウィキ情報でも身長は182cmだと記されているので、間違いないと思われる。

スポンサードリンク

下村脩博士がノーベル化学賞を受賞さたことで非常に印象深い、お言葉が有るのでぜひとも共有させて頂く。

それは、「 けっして諦めるな! 」という、メッセージだった。

下村脩さん孤高の道、ひたむきにクラゲから奇跡の光 」より引用↓

受賞後は若い世代にこう呼びかけた。
「 興味のある分野に遭遇したら、絶対に諦めず、
成功するまで努力してほしい。
難しいことの方が喜びは大きい 」。
短期的な研究成果を求める近年の風潮とは一線を画し、科学の原点を貫いた人生だった。

【 引用ここまで↑出典:産経デジタルizaイザ! 】

高身長の下村脩博士は、誠に含蓄のある言葉を後世に残されたが、クラゲの発光を引き起こす物質は、「 カルシウム 」であることを突き止めたのである。

故・下村脩博士に心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

GFP 1EMA.jpg


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.