So-net無料ブログ作成

シャープの公式Twitterをツイートした人は誰か [ツイッター]

シャープTwitter


スーパーファミコン・ソフトをDisったか

 老舗の家電メーカー「 シャープ株式会社 」【 SHARP本社:大阪府堺市堺区匠町1 】の公式Twitterアカウントがゲーム会社・任天堂が発売するスーパーファミコンシリーズのソフトを「 値踏み 」するような不適切なツイートを呟き、企業アカウントが運営停止に追い込まれた。


 誤解を招くかもしれないが、もしこれが「 個人アカウント 」であれば、あくまでも「 個人的な私見 」として、この様な大問題に発展する事は無かったのかも知れないと感じている。

経営破たんから昨年の4月に中国の「 鴻海精密工業 」に買収されたとはいえ、SHARPは携帯電話事業の製品AQUOSなどの主流商品を販売する、老舗ブランドである。

その世界に名だたる大企業が他のゲーム会社の商品を「 このゲームの価値は¥0 」などと不適切なツイートをしたのは、どこぞの政治家の失言に次ぐ「 迂闊さ 」で、あったか。


 たしかTwitterで問題のツイートが有った企業アカはシャープ・プロダクツの公式アカウントでは有ったが、実際に書いているのは「 生身の人間 」である。

だから許されると言う訳では無いが、ではこのシャープ・アカウントを運用し、問題のツイートを行ったのは一体「 」だったのか?

当記事で検証してみる所存だが、現時点で分かっている情報は以下である。↓

  • IT技術者
  • 料理好き
  • X68・X1・MZ好き
  • 大阪府八尾市在住?
  • 「 中の人 」=シャープの社員さん?


誠に申し訳ないのだが現時点で分かっているのはTwitterアカを運用している、プロフィール欄のみの情報だけである。

「 X68000、X1、MZ 」と言うのは、かつてシャープが自社で生産、販売していた家庭用パソコンの型式だが、現在では3機種ともに生産は終了している。

それと運用アカの「 _ProductS 」のプロダクツのスペルだが、シャープの関連会社に昨年、超高精細の8Kディスプレイを開発した「 堺ディスプレイ・プロダクト株式会社 」なる企業が有るが、関連が有るかどうかは分からない。

スポンサードリンク




実際に値踏みツイートされたのは任天堂から10月5日に発売される「 任天堂クラシック・ミニスーパーファミコン 」【 ¥7,980:税別 】に最初から内蔵されているゲーム21本らしい。

次章からは、この中で不肖この私めが実際に遊んだことの有る思いでのゲームを振り返ってみる所存。

「 ミニ・スーパーファミコン 」の製品詳細はコチラ。↓

https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170627.html

【 この記事ページの目次 】

1. スーパーファミコン・ソフトをDisったか

2. 300円の値段を付けられた名作F-ZERO

3. スーパースト2の値段も300円か

4. 「 礼儀は美なり互いに感謝と尊敬を 」

5. スーファミ内蔵のテレビまで出していたシャープ



300円の値段を付けられた名作F-ZERO

 今回、シャープの公式TwitterアカウントがDisしたとされる任天堂スーパーファミコン・ソフトの中に「 F-ZERO 」なるものが有る。↓

今から20年以上も前に発売された人気のカーレース・ゲームだが、シャープの公式アカウントは¥300の値段を付けた。

しつこい様だが、これを「 個人アカウント 」でツイートする分には、おそらく何も問題には、ならなかった筈。

そんなF-ZEROは当時、かなりの人気を博していたゲームソフトで定価は6,800円【 税別 】だった。

ゲームソフトの中古品ならば当然、値段は下がるが、職場の先輩から借りてプレイしていた当時は、かなりF-ZEROに熱中していたのを覚えている。

スーパースト2も300円か

 続いて¥300の値段を付けられたスーファミ・ソフトはカプコンの「 スーパーストII 」。

このゲーム自体はゲームセンターでプレイしていた。

更にその2~3作前の元祖「 ストII 」は、24年位前に人材派遣会社の寮で職場の先輩方と対戦に熱中していたものである。↓



上のTwitterアカウントは私めのだが、14インチの赤いブラウン管TVは備え付けの寮の備品であった。

300円の値段を付けられてしまった「 スパII 」は2~3作後の作品だが、スト2シリーズはカプコンの大ヒット作品であることだけは間違いない。

スポンサードリンク




「 礼儀は美なり互いに感謝と尊敬を 」

 小見出しにも綴った「 礼儀は美なり互いに感謝と尊敬を 」のフレーズはシャープの経営信条の1つである。

今回の騒動は、この経営信条に背いたツイートが炎上に発展てしまった格好だ。

おまけに認証バッジまで付いているのだから、純然たる企業アカウントである。

結果的に、このアカウントは今後、運営を停止されるとの事だが、だからと言って企業アカでは無い個人アカウントだから何を、やっても許される訳でも無い。

実際に〇〇予告文をツイートして警察に逮捕されるケースや、飲食店の従業員が不衛生極まりない不適切な画像を投稿して炎上し、社会問題化したケースは枚挙に暇がない。

だが今回のシャープの公式アカウントの様にTwitterの企業アカウントが、個人アカウントよりも非常に厳し目なコンプライアンス【 企業などが法令や規則をよく守る意 】を課される事だけは間違いない。




スーファミ内蔵のテレビまで出していたシャープ

 余談では有るが、シャープ製品で思い入れが深いのは、昔懐かしのビデオテープを使った再生方式のスーパーVHS方式のビデオ・デッキである。

一般的に広く普及していた水平解像度240本程度のVHS方式に比べ水平解像度400本以上のS-VHS方式の高級VCR( ビデオカセットレコーダー )もシャープは生産、販売していた。

当時、大枚をはたいて買ったシャープの「 VC-BS400 」はヘッド部分にSHARP独自のセンダスト合金を採用した「 スーパークリスタルW( 標準・3倍 )ヘッド 」が搭載されたビデオデッキであった。↓

SHARP-VC-BS400



'90年代に流行した高画質技術の「 デジタル3次元Y/C分離回路( 色分離・輝度分離・周波数分離 )3次元DNR( デジタル・ノイズリダクション )」機能なども惜しみなく搭載されていた。

最上位機種のVC-BS600には「 デジタルTBC( タイム・ベース・コレクター:時間軸補正回路 )」などの高機能も搭載されていたが、私めも個人的にはSHARP製品に対する思いれは深い。^^

VC-BS400



 今回、任天堂のミニスーパーファミコンに内蔵されるゲームを値踏みツイートして炎上し、謝罪文まで掲載する騒動を巻き起こしたシャープの公式アカウントだが、実は任天堂との関わり合いは極めて深い。

過去にシャープは任天堂と業務提携し、ファミコンとディスク・システムを一体化させた「 ツインファミコン 」やスーパーファミコンとテレビ・モニターを合体させた「 SF1 」なる商品を世に送り出しているのである!

私めも個人的に、ツインファミコンは中学生の時に持っていた。

こうして考えると、私めの人生とシャープ製品も想像以上に関わりが深い。

おそらく、こうした合体商品は「 別々だと配線や置き場所が煩わしいから、一体化しちゃえよ 」というコンセプトのもとに開発されたのであろう。

目の付け所が、シャープでしょ? 」と問われれば確かに、そうだった。

だが今回の「 値踏みツイート 」だけは「 目の付けどころが、シャープ 」では無かったに違いない。

スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.