So-net無料ブログ作成

台風9号レキマーの意味とは?果物の名前はカニステル! [自然災害]

台風9号,レキマー,2019,名前,由来,意味,語源

 2019年8月4日の午後に台風9号レキマー[ lekima ]が発生して、
北上し始めたが、レキマーの名前の意味とは何か?

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. 台風9号レキマーの意味とは果物の名前のカニステル!

 2. 台風9号の名前で果物のカニステルはなぜベトナム?


台風9号レキマーの意味とは果物の名前のカニステル!

 台風9号レキマーの名前は国際機関である台風委員会の42番目に登録されている。

命名国はベトナムであるが、名前の意味は「 果物の名前 」である。

では、何の種類の果物の名前なのであろうか?

レキマー 」より引用↓

ベトナムによる命名。果物の「 カニステル 」のベトナム名から。

【 引用ここまで↑出典:コトバンク 】

つまり、2019年の台風9号レキマーの名前の意味は、「 カニステルCanistelという果物の名前 」であったのである。

スポンサードリンク

台風9号の名前で果物のカニステルはなぜベトナム?

 台風9号レキマーの名前は果物の名前の、カニステルであるが、なぜベトナム国が命名したのであろうか?

台風9号の名前であるレキマーの果物は、ベトナム国でも栽培されていることが分かった。

カニステル 」より引用↓

カニステル( Canistel、学名:Pouteria campechiana )は
アカテツ科の常緑樹、またはその果実のこと。
原産地はメキシコから中央アメリカである。
ブラジルや台湾、ベトナム、日本の沖縄県などでも栽培されている。
近年まで栽培しても売り物にならなかったことから、
「 蟹捨てる 」、「 金捨てる 」など沖縄の農家の間で
揶揄を込めた駄洒落で呼ばれることがあった。

【 引用ここまで↑出典:Wikipedia 】

つまり、自国で栽培している果物が、カニステルであり、台風委員会に登録されてあるレキマーとはベトナムの呼び名なのであろう。

ベトナムに限らず、台風の名前には花や動物などの固有名詞が付けられることが多い。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.