So-net無料ブログ作成

海部観光のバス運転手がこだわったギヤは何速だったのか? [トラックドライバー]

海部観光,運転手,バス,喧嘩,5速ギヤ,指導員

 四国運輸局から「 警告 」の指導を受けた「 海部観光 」
【 本社:徳島県海部郡美波町奥河内弁財天84-1 】が、
乗客を乗せた状態でトラブルを起こしたのは
今年2018年の6月12日だった。

【 当記事ページの目次 】

 1. 高速バス運転手の「 自分流の低いギヤ 」は何速?

 2. トラックでも車種に拠ってギヤの変速は違う

 3. 海部観光というバス会社は評判は上々だった


高速バス運転手の「 自分流の低いギヤ 」は何速?

 報道されているのは、海部観光の運転手【 59 】( 6月14日に退職済み )で当時、同乗していた指導員【 53 】の「 ギヤを上げなさい 」という指導に反発したもの。

つまり、自らのメンツやプライド( 自尊心 )に、こだわった結果なのだろうが、指導員の指示に従わずに、「 あくまでも自分流の運転にこだわった 」。

報道されたのは、11月に入ってからだが、事件が起きたのは6月である。

ツイッターでも、6月12日には全く事件を告げるツイートは上がっていなかった。

高速バスの運転手は多くの「 お客様 」を乗せた状態で、迷惑が掛かることも顧みずに「 自らの”こだわり” 」を優先させた。

では、バス運転手が拘( こだわ )った、ギヤの速度は何速だったのか?

『 これが私の運転なんで 』研修中50代バス運転手が指導員に逆上 」より引用↓

高速道路で走行中、指導員がギアを上げて6速で走るよう運転手に注意します。
この時、ギアは上から2番目の5速
バスの時速は約80キロでした。
指導員が注意したのは「 高速では6速で走らないとエンジンが焼きつく 」という理由でしたが、
運転手は「 これが私の運転なんで気に入らんかったらやめます! 」と逆上。
バスを最寄りのパーキングエリアに入れ、運転を続けることを拒否したといいます。

【 引用ここまで↑出典:MBS NEWS 】

上の引用にある、「 最寄りのPA 」とは、淡路島南PAで、阿南から大阪行きだと報じられているので、無関係な乗客17人を巻き込んでまで「 籠城 」したのは上り線のパーキングエリアだったはずだ。

淡路島PAで、意固地になったバス運転手のわがままの為に、17人の乗客は1時間も放置されて、足止めを食う被害に遭われた。

高速バス運転手が、こだわったギヤは「 5速 」であったことが判明した。

もしかすると、指導員の指示どおり6速に上げる事を拒んだバス運転手の前職は一般道を走る「 路線バス 」の運転手だったのかも知れない。

  1. ロー:1速
  2. セコンド:2速
  3. サード:3速
  4. セミトップ:4速
  5. トップ:5速( バス運転手がこだわった )
  6. ハイトップ:6速( 指導員が指示した変速 )

いろいろと調べてみると、YAHOO!知恵袋には、「 路線バスは5速MT( マニュアル・トランスミッション )が標準 」とあったからだが17人の乗客にしてみたら、そんなことは全く関係ない。

こういうニュースが報道されると、さらに「 やっぱり中高年は使いづらい 」という評価に拍車が掛かることに、なっていくのだろうか。

スポンサードリンク

トラックでも車種に拠ってギヤの変速は違う

 海部観光が採用している観光バスの主な車体は三菱ふそうの「 スーパー・ハイデッカー 」や日野自動車の「 セレガ 」などである。

ちなみに不肖この私めが12年以上、勤務していた運送会社で乗務していた3.5トンの小型トラックは三菱ふそうトラック・バスの「 NEWキャンター前期型ワイドキャブ・ロングボデー 」タイプの車種だった。

ギヤの変速は6速MTだったが、同型車種の2トン車( 標準タイプ )などは5速MTである。

標準のシフト・ノブでは、シフト・チェンジの時に固くて腕が疲れるので、殆どのドライバーが、「 ロングノブ 」に交換していたが不肖この私めも、その口だった。

上記のツイッター画像は、エクステンションを噛ませて、ハンドルを回避している。( 笑 )

なお当然ながら高速道路では、6速で走行するが、5速のトラックでも高速は走る。

トラックと大型バスでは、特性が全く異なるので何とも言えないが、どう考えても高速道路走行で80キロなら6速にギヤは入れるだろう。

なお余談では有るが、ギヤ変速のシフトノブに、あまりにも長い超ロングノブを入れるとミッションに負担が掛かりすぎて、根本が折れる。

そうした場合、自費で修理だと言われていた。

トラックの運転手が、好んで自前でロングノブに交換するのは、テコの原理でシフトチェンジが楽に行えるようになるからだ。

スポンサードリンク

海部観光というバス会社は評判は上々だった

 高速バスの運転手の騒動で一気に、ありがたくない知名度が広がった海部観光だが、報道されるまでのユーザーの評判は上々であったようだ。

件の運転手も面接はしたのだろうが、人間の本性まではなかなか見抜けないものである。

利用客は、海部観光のバスの車体に大満足というツイートが多かった。

また、車両の清掃も行き届いており、利用ユーザーからも定評があった。

こうして地道に積み上げた実績と評価が、一瞬で崩れるとは非常に痛ましい。

いまでも一応、運転手は募集している( 21~45歳まで )ようなので、海部観光の募集リンクを下に貼っておく。↓

海部観光株式会社:バス乗務員の募集ページ

大型二種免許を、お持ちでない方も支援してくれる「 免許取得費用全額貸付制度 」があるので、ありがたい。( 21~40歳 )

応募条件に「 高速道路を走行時には、ギヤを6速まで入れられる方 」とは、記していなかったが( 笑 )(^_^;)


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.