So-net無料ブログ作成

三重県南東沖の異常震域の意味とは何か? [自然災害]

異常震域,三重地震,宮城県,意味,とは

 2019年7月28日の午前3時31分に三重県南東沖で発生した地震は、
遠く離れた宮城県南部が最大震度4を記録した
「 異常震域 」となったが、その理由はなぜ?

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. 三重県南東沖の異常震域の意味とは何か?

 2. 異常震域が起きた宮城県南部の場所は?


三重県南東沖の異常震域の意味とは何か?

 震源地は、三重県南東沖でありながら、最大震度4を記録した地域は、震央から北東方向に625キロも離れた宮城県の伊具郡丸森町鳥屋という地名の場所だった。

通常、地震は発生後、波紋のように震源地から円心円状に広がってが「 異常震域 」の場合は、遠い地域の震度が強い現象を示す。

異常震域 」より引用↓

異常震域が現れる原因は、その周辺地域の地盤の状態が異なるため( 軟弱な地盤と地震波の反射、回析など )上部マントルの地震波速度構造の違いで、減衰度合いが経路上の構造によって異なるため( 構造線やプレート境界、マントルをまたぐなど )によるものの2つに分けられる。

【 引用ここまで↑出典:Wikipedia 】

つまり、異常震域が起こる原因は「 震源地付近の地盤の性質と構造の違い 」だったということだ。

気象庁の発表では、震源地は北緯33.0度、東経137.4度で、震源の深さは約420Km、地震の規模( マグニチュード )は6.5と推定されている。

スポンサードリンク

異常震域が起きた宮城県南部の場所は?

 では、今回の三重県南東沖を震源地とする地震で、異常震域が起きて最大震度が4を記録した宮城県南部の伊具郡丸森町鳥屋の場所はどこか?

ちなみに、三重県南東沖の震源地の地図は以下になる。↓

地震波が伝わりやすい地盤と伝わりにくい地盤の差が生んだ、共言える。

三重県南東沖の震源地については、別記事でも詳しく解説している。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.