So-net無料ブログ作成

3億円事件とは?犯行ルートをGoogle地図で再現してみた [歴史]

3億円事件とは,コース,ルート,流れ

 「 三億円事件 」とは、東京都府中市の刑務所脇で
1968年12月10日に発生した2億9,430万7,500円を積んだ
現金輸送車が強奪された事件である。

3億円事件の犯行ルートをGoogle地図で

 あまりにも有名な三億円事件は、不肖この私め自身が子供の頃から何度も耳にした未解決事件である。

三億円事件は、1975年( 昭和50年 )12月10日に時効が成立している。

では、三億円の現金輸送ルートをGoogleマップで以下に表示する。↓

東芝府中工場に運ぶ約3億円のボーナスは、日本信託銀行の国分寺支店( 現:三菱UFJ信託銀行国分寺支店 )から現金輸送車に載せらて出発。

以下が、おおまかな事件の流れになる。↓

  1. 日本信託銀行 国分寺支店:東京都国分寺市本町3丁目10−20
  2. 事件発生の現場:府中刑務所北側・東京都府中市栄町3丁目4
  3. 第2現場:武蔵国分寺跡くぬぎ林・国分寺市西元町3丁目26
  4. 第3現場:明星学苑高校近くの空き地・府中市栄町2丁目12
  5. 第4現場:東京都住宅供給公社本町住宅・小金井市本町4丁目8

三億円事件が起きた現場は、府中刑務所の北側の学園通りだ。

ここで、遺留品となる改造白バイが残された。

第二現場は武蔵国分寺跡の椚林で、国分寺史跡7重の塔の近くの本多家墓地の入口付近だが、ここで犯人は現金輸送車から、予め用意していた盗難された緑色の第一カローラ( ナンバー多摩5め3863 )に三億円が入ったジュラルミン・ケースとともに、乗り換えた。

現金輸送車は、日産のセドリックであった。↓

Nissan Cedric Custom H31.jpg

第三現場は、明星学苑高校ちかくの交差点の脇の空き地で、この場所でさらに第一カローラから、これまた予め準備していた盗難車である濃紺色の第二カローラ( ナンバー多摩5ろ3519 )に三億円とともに乗り換えて逃走。

「 多摩五郎 」の語呂合わせはナンバープレートの「 多摩5ろ 」から来ている。

第四現場は、東京都の住宅供給公社本町住宅B1号館西側の空き地で空のジュラルミン・ケースだけが積まれた第二カローラが、盗まれた緑色のシートカバーで覆われた状態で事件発生から4ヶ月後に発見された。

スポンサードリンク

結局、三億円事件は犯人特定に至らず公訴時効を迎えた後も結局、迷宮入りとなった。

ちなみに、犯行は単独犯であると定義されているが、実際は複数説あり、不明だ。

また第四現場である、住宅供給公社本町住宅からどうやって逃走したのかまでは、不明だ。

三億円事件 」より引用↓

 杉並区内の検問所で
「 銀色のトランクを積んだ灰色ライトバン 」を
捕捉したが突破された。
これが最後に目撃された犯人の姿といわれる。

【 引用ここまで↑出典:ウィキペディア 】

だいたい、3億円事件の犯人像としてクローズアップされたのが、当時の第八方面交通機動隊の中隊長の息子「 少年S 」だと言われている。

ここに警察が犯人の写真を出せず、別人のそれも亡くなった人物をモンタージュ写真として公開した経緯があった。

モンタージュ写真は、1974年に正式に破棄されたが、警察の現職警官の息子が一大犯罪に関わっていたとなると、警察の面子および沽券に関わるからだと推測されるのだが...............


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.