So-net無料ブログ作成

台風3号2019セーパットの名前の由来と語源は? [自然災害]

台風3号セーパット,名前,由来,語源,2019

 2019年6月27日に令和初の台風となった
台風3号セーパットの名前の由来と語源は何だろうか?

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. 台風3号2019セーパットの名前の由来と語源は?

 2. 台風の名前を一括で管理する台風委員会とは?


台風3号2019セーパットの名前の由来と語源は?

 台風3号セーパットは、28日には房総半島の南東の海上、千葉県銚子市の沖から太平洋側の海上を進み、最終的には心配されていた本州上陸は無かった。

では、その台風3号セーパットの名前の由来は、どうなっているのだろうか?

台風の名前を一括で管理しているのは「 台風委員会 」で、台風3号セーパットも、そこで決まっている。

台風の番号の付け方と命名の方法 」より引用↓

マレーシア:Sepat セーパット淡水魚の名前

【 引用ここまで↑出典:国土交通省・気象庁 】

台風3号セーパットの名前の由来は、命名国がマレーシアで淡水魚の名前である。

台風委員会のタイムテーブルでは、36番目の台風となる。

スポンサードリンク

台風の名前を一括で管理する台風委員会とは?

 発生台風の名前を一括で管理する国際機関の「 台風委員会 」とは?

台風委員会 」より引用↓

北西太平洋または南シナ海で発生する、
台風防災に関する国際機関。
1968年、アジア太平洋経済社会委員会( ESCAP )
及び世界気象機関( WMO )が共同で設立した。
アジアと極東における台風被害への対策策定と
実施を任務とする。本部はフィリピンのマニラにある。

【 引用ここまで↑出典:Wikipedia 】

国際機関である台風委員会は、1968年に設立された。

名前を一括管理しているのは、台風委員会だが、実際に名前を付けているのは台風委員会ではなくて、参加している各国である。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.