So-net無料ブログ作成

ペトラ・クビトバ 選手の怪我の状態は? [スポーツ界]

ペトラ・クビトバ,怪我,状態,負傷,テニス

 大坂なおみ選手【 21 】がテニス全豪オープン2019
女子シングルスで見事、優勝したが
準優勝となった対戦相手のペトラ・クビトバ
( Petra Kvitova )選手【 28 】は、
過去に大怪我を負いながらも、
不屈の闘志で復活を遂げた経緯がある。

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. ペトラ・クビトバ選手は自宅で大怪我

 2. ペトラ・クビトバ選手の怪我の予後は


ペトラ・クビトバ選手は自宅で大怪我

 全豪オープン決勝戦では、大坂なおみ選手に敗れ、惜しくも準優勝となったチェコスロバキア共和国のペトラ・クビトヴァ選手だが、試合では神業を披露して、ギャラリーを沸かせた。↓

試合を見る限りでは、怪我の後遺症は無い様にも見えるが、実は過去に大怪我を、していることが判明したのである。

2017年:ナイフ攻撃からのカムバック 」より引用↓

しかし、まもなくクリスマス前に、
彼女は彼女の左手に腱や神経の傷害が生じた
ナイフを振り回す攻撃者によって
チェコ共和国の自宅で奪われました。

【 引用ここまで↑出典:ペトラ・クビトヴァWikipedia 】

つまり、2016年のクリスマス前に、チェコスロバキアの町プロステヨフの自宅への侵入者によって、左手の指の腱と神経と損傷した大怪我を負っていたのである。

ペトラ・クビトバ選手が全豪OPのスピーチで「 私はラケットを再び持つことができるか、どうかさえ知りませんでした 」と語っていた理由は、自宅で侵入者に襲われた事で負傷した怪我が原因だ。

スポンサードリンク

ペトラ・クビトバ選手の怪我の予後は

 ペトラ・クビトバ選手の突然の不幸では有ったが、4時間にも及ぶ腱と神経の修復手術は成功した。

本来なら全治6ヶ月であったが、予定よりも1ヶ月早く2017年5月の全仏オープンに出場した。

ナイフ攻撃後の手の手術後3ヶ月間ペトラKvitovaアウト 」より引用↓

「 けがは深刻だが、外科医はペトラは若くて健康的で、
彼女がテニスを再開できない理由はないと述べている 」
と広報担当者のカレル・テイカル氏はAFP通信社に語った。

【 引用ここまで↑出典:BBCスポーツ 】

まさに不屈の闘志での復活劇である。

怪我の詳細は以下のサイトから引用する。

Petra Kvitova readies herself for emotional French Open return 」より引用↓

傷害の詳細に戻ると、Kvitovaは5本すべての指を切ったが、
うち2本は神経を損傷するのに十分な深さまで貫通していた。
彼女は手術に4時間を費やした後、2ヶ月間副子を着用しなければなりませんでした
彼女はテニスボールを拾うことさえできなかった期間です。

【 引用ここまで↑出典:テレグラフメディアグループリミテッド2019 】

ペトラ・クビトバ選手が怪我を負ってから2年後の全豪オープンで戦った、大坂なおみ選手は、優勝後のスピーチでクビトバ選手の事件や負傷した事じたいには触れなかったが、「 おめでとうございます 」と祝福したのは、むろん一連の経緯を把握していたからなのだろう。

悪夢の出来事にも、くじけることなく全豪オープンのファイナリストとして復活したクビトバ選手は、まさに戦士である。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 5

コメント 0

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.