So-net無料ブログ作成

いっさいはんminchi氏の経歴と学歴および顔画像あり! [本]

いっさいはん,minchi,作者,誰,プロフィール,経歴

 今、話題の大人でも楽しめる絵本「 いっさいはん 」の作者「 minchi 」ミンチ氏の経歴一覧と学歴をWikipedia風にまとめ、ニュースサイトでは歯のイラストで隠している顔画像も引用掲載した。

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. minchi氏の経歴と学歴をWiki風プロフィールで

 2. いっさいはん作者minchi氏の貴重な顔画像

 3. minchi氏が原作と美術監督を務めたMishimasaiko


minchi氏の経歴と学歴をWiki風プロフィールで

 絵本「 いっさいはん 」の作者であるminchi氏は画家でありイラストレーターでもある。

さっそく、絵本いっさいはんの作者であるminchi氏の経歴と学歴を一覧にして、まとめたので。↓

  • 1971年京都市生まれ
  • 兵庫県在住
  • 学歴
    • 京都市嵯峨美術短期大学で油絵を学び卒業
  • 経歴
    • 画家/イラストレーター/絵本作家
    • 兵庫県在住
    • 経歴
    • 2012年Je Regarde( ジュ・ルガルドゥ )加入
  • 絵本
    • いっさいはん( 岩崎書店 )
    • にゅうしちゃん( 岩崎書店 )
    • ごみじゃない!( PHP研究所 )
    • にゅうしちゃんとはぶらしちゃんぬいぐるみ( 岩崎書店 )
  • 受賞
    • いっさいはん
      • 第4回積文館グループ絵本大賞「 大賞 」
      • 第10回 R-40本屋さん大賞・児童書部門:第2位
      • 第8回 リブロ絵本大賞:入賞
      • 第1回文真堂書店BOOK大賞:入賞
      • 第1回未来屋えほん大賞:入賞
      • 第10回MOE絵本屋さん大賞2017
        • 総合2位
        • 新人賞1位
        • パパママ賞5位
    • 第11回MOE絵本屋さん大賞2018
      • 総合9位「 ごみじゃない! 」
      • 総合26位「 にゅうしちゃん 」

さらに、minchi氏の本名は以前にテレビで公開されたことが有ると、ご本人が公式サイトで記していたが、ネット上では見つからなかった。

minchi氏は、上記の経歴一覧の他にも個展や海外アーティストのアルバム・ジャケットなどの制作も手がけているし、雑誌のインタビュー記事も多数、掲載されている。

ミンチ氏は1971年生まれなので年齢は48歳前後であると推測される。

また、2016年に公開されたアニメーション3Dショートフィルム、Mishimasaiko( ミシマサイコ )では、フランスの映画監督Aude( オード )氏との共同制作を務め、minchi氏は原作と美術監督を担当されている。

スポンサードリンク

いっさいはん作者minchi氏の貴重な顔画像

 日本のニュースサイトのインタビュー記事では、歯のイラストで顔を隠しているminchi氏であるが、顔画像を発見できたので引用で掲載させて頂く。

みんち 」より引用↓

minchi.jpg

【 引用ここまで↑出典:https://www.jeregarde.com/minchi-en.php 】

撮影時期までは分からないが、アニメーション・スタジオのジュ・ルガルドゥの公式サイトに掲載されており、インターネット上に公開されている顔画像である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いっさいはん [ minchi ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/3/9時点)


minchi氏が原作と美術監督を務めたMishimasaiko

 1章でも申し上げたように、minchi氏は過去の経歴でフランス人監督のオード氏と一緒に、「 Mishimasaiko/ミシマサイコ 」も共同で制作されている。↓

ミシマサイコでは、美術監督を務められたminchi氏であったが、2012年に入った、アニメーション・スタジオの「 Je Regarde/ジュ・ルガルドゥ 」はAude監督が設立した。

ミシマサイコでは、原作も担当されたミンチ氏であったが、これからの一層の活躍に期待したい。

スポンサードリンク

minchi氏の学歴では嵯峨美術短期大学でも油絵を学ばれていたので、まさに美術の道を志していたのであろう。

経歴にも絵本作家として、数々の賞を総なめにしているので、クリエイターとしても成功されている。

しかも、ミンチ氏の公式ツイッター「 minchiつむちゃん観察日記連載中 」では2015年にもネットニュースで取り上げられているので、今回の「 いっさいはん 」の絵本が初のフィーバーでは無いのである。

さらなる躍進が期待される、minchi氏の次回作が待ち遠しい限りである。^^


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.