So-net無料ブログ作成

G20とは?分かりやすく簡単に解説する! [海外の情勢]

G20,分かりやすく,大阪サミット,簡単に

 令和元年6月28日と29日の2日間に渡って開催される、
G20大阪サミットは、正式名称が「 金融と世界経済に関する首脳会合 」
と呼ばれるので、分かりやすく言うと
「 世界規模の、お金のやり取りを話そうぜ? 」
という意味になるのだが?

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. G20とは?分かりやすく簡単に解説

 2. G20とは?議題内容を分かりやすく簡単に

 3. G20とは?参加国および関係機関は37


G20とは?分かりやすく簡単に解説

 いよいよ、開催が近づくG20大阪サミット2019だが、分かりやすく簡単に説明するとなると、何といえば良いのか?

外務省のホームページでは、G20を以下の様に説明している。

G20サミットとは 」より引用↓

近年G20ではマクロ経済や貿易のみならず、
世界経済に大きな影響を与える開発、
気候変動・エネルギー、保健、テロ対策、移民・難民問題等の
地球規模課題についても、活発に議論が行われてきました。
こういった地球規模課題への貢献を通じて、
包摂性のある持続可能な世界を実現することを目指してきました。

【 引用ここまで↑出典:外務省 】

では、ウィキペディアでは何と解説しているのか?

G20 」より引用↓

G20( ジートゥエンティ )は、"Group of Twenty"の略で、
主要国首脳会議( G7 )に参加する7か国、
EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。

【 引用ここまで↑出典:ウィキペディア 】

ウィキの説明では、計20か国・地域からなるグループだとされるが、実際にG20大阪サミット2019では、メンバー国が20カ国の他にも、招待国が8ヶ国、国際機関が9機関の合計37の国および機関が参加する。

G20サミットは、別名「 金融サミット 」とも言われるが、分かりやすく言うと「 主要国20ヶ国が世界の、お金のやり取りについて話し合うこと 」となる。

あくまでも、ざっくりとした簡単な解説なので実際には、世界規模の色々な事を話し合っているようである。

スポンサードリンク

G20とは?議題内容を分かりやすく簡単に

 G20大阪ミットの議題内容を、大まかに10に分類して分かりやすく以下にまとめた。↓

  • マクロ経済
  • 貿易
  • 世界経済に大きな影響を与える開発
  • 気候変動
  • エネルギー
  • 保健
  • テロ対策
  • 移民
  • 難民問題
  • 金融問題

G20とは?参加国および関係機関は37

 次に、G20サミットの参加国の主要メンバー国20ヶ国および招待国8ヶ国と関係機関9つの合計37を分かりやすく、以下にまとめた。↓

  • 主要メンバー国20ヶ国
    • アルゼンチン
    • オーストラリア
    • ブラジル
    • カナダ
    • 中国
    • フランス
    • ドイツ
    • インド
    • インドネシア
    • イタリア
    • 日本
    • メキシコ
    • 韓国
    • 南アフリカ共和国
    • ロシア
    • サウジアラビア
    • トルコ
    • イギリス( 英国 )
    • アメリカ合衆国
    • 欧州連合( EU )
  • 招待国8ヶ国
    • オランダ
    • シンガポール
    • スペイン
    • ベトナム
    • ASEAN議長国( タイ )
    • AU議長国( エジプト )
    • チリ( APEC議長国 )
    • セネガル( NEPAD議長国 )
  • 関係国際機関9機関
    • 国連( UN )
    • 国際通貨基金( IMF )
    • 世界貿易機関( WTO )
    • 国際労働機関( ILO )
    • 金融安定理事会( FSB )
    • 経済協力開発機構( OECD )
    • アジア開発銀行( ADB )
    • 世界保健機関( WHO )
    • 世界銀行

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.