So-net無料ブログ作成

F35ステルス戦闘機の値段と価格はいくら? [日本の防衛]

F35,値段,価格,いくら,戦闘機

 2019年4月9日に航空自衛隊の三沢基地か飛び立ったF35Aステルス戦闘機が行方不明になっているが、1機あたりの値段と価格は、いくらくらいなのか?

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. F35ステルス戦闘機の値段と価格はいくら?

 2. 日本国の2019年度の防衛費予算はいくら?


F35ステルス戦闘機の値段と価格はいくら?

 航空自衛隊・三沢基地【 青森県三沢市三沢後久保125−7 】所属のF35A最新鋭ステルス戦闘機1機が2018年1月26日に初めて配備された。


自衛隊のF-35戦闘機、機体の一部が見つかる墜落と断定 」より引用↓

青森県沖の太平洋上で9日夜、
航空自衛隊のステルス戦闘機F-35が消息を絶ち、
10日午前までに機体の一部が海上で回収された。
防衛省は航空自衛隊の戦闘機について、
老朽化が進むF-4からF-35
( 1機当たり約100億円 )への切り替えを進めている。

【 引用ここまで↑出典:BBC NEWS JAPAN 】

「 見えない戦闘機 」と言われるステルス性を有しているF35は空力的洗練度を犠牲にした造形で有るが故に、機体制御が困難になると言われている。

上記引用では、レーダーから探知されにくいステルス性のF35戦闘機の値段は、約100億円だと言われているが詳しい価格は、いくらなのか?

1機116億円:維持費307億円 」より引用↓

105機を追加購入し、147機態勢にすることを決めた
F35については、現行中期防の期間で45機を調達し、
単価は116億円としました。

【 引用ここまで↑出典:しんぶん赤旗2019年1月10日( 木 ) 】

上記引用の日本共産党の記事が、F35の1機あたりの価格および値段では最新情報だと思われる。

F35には、A型とB型があり、B型の方が割高だが、2019年1月時点でのF35ステルス戦闘機1機あたりの値段および価格は、116億円となる。

スポンサードリンク

日本国の2019年度の防衛費予算はいくら?

 ステルス戦闘機の購入費や維持費も含めた、2019年の防衛費予算は、いくらなのか?

防衛費、GDP比最大1.3%防衛相、NATO基準で 」より引用↓

19年度予算の防衛費は5兆円超で過去最高を更新したものの、
GDP比では0.929%と1%以内に収まった。

【 引用ここまで↑出典:日本経済新聞・2019年4月9日20:00 】

2019年度の防衛費予算は、5兆円超である。

それは、そうと機体の一部が回収されたというF35のパイロットからの通信が遮断されているので、墜落したと断定されたという。

日本の防衛を担うパイロットの方は、まさに命がけである。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.