So-net無料ブログ作成

音羽山親方の現在は? [角界]

音羽山の現在は?

故・貴ノ浪貞博関ではない音羽山親方

 ネットニュースで、渦中の貴乃花親方【 45 】が音羽山親方に退職勧告を促した問題。

結局は貴乃花親方が動かせる権利を持った「 年寄名跡 」を小野川親方【 35 】( 元大道 )に移行する考えだが、結局は自身が2階級降格になったことで2月に行われる理事候補選で理事再選を果たす為の票を集めるのが狙いの様だ。


( 以下「 音羽山親方に相撲協会からの退職促す 」から引用 )↓

"小野川親方の師匠の阿武松親方( 元関脇・益荒雄 )は
貴乃花親方の相談役的な立場。
3票を持つ阿武松部屋を支えることで、理事当選への協力を
取りつけるための決断だと語る関係者もいる。"

( 引用ココまで・出典:スポーツ報知 )↑

貴乃花親方から退職勧告を受けている現在の20代目の音羽山親方( 光法賢一:44・元西前頭9枚目 )は先代の19代目の音羽山親方とは別人だ。

2015年に心不全で急逝された音羽山親方は元東大関の「 貴ノ浪貞博 」氏【 43歳没 】である。

ここで貴乃花親方の思惑どおり、音羽山の年寄名跡が小野川親方に移行すれば、大道健二氏が21代目の音羽山親方に就任する。

現在の光法賢一氏も貴乃花親方の理事選では必ず投票し支持してきたが、それでも年寄名跡を移すのは協力関係にある阿武松親方( 益荒雄広生氏:56 )が大道健二氏の親方である関係が影響しているとも言われている。

スポンサードリンク

以前にも記事で投稿したが、今回の日本相撲協会の降格処分で役員待遇になった貴乃花親方だが、囲いの集票があることから出馬が出来る理事選では再選が確実だといわれている。

理事再選を確実に果たす、その為の布石が今回の「 音羽山の年寄名跡の移動 」だと見ている。

しかし、世間の論調は貴乃花親方を支持しており、隠蔽体質の日本相撲協会を批判している向きがある。

だからと言って、貴乃花親方が100%正しいわけでは無い。

貴乃花親方が理事を解任・降格された処分に猛反発する世論!


タグ:貴乃花親方
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.