So-net無料ブログ作成
検索選択

放射性物質の被爆の影響【大洗町】 [原子力発電所]

全身36万ベクレル【 Bq 】の被爆量  昨日のAM11:15頃、茨城県東茨城郡大洗町成田町4002の研究機関の大洗研究開発センターで働く現場作業員5人がステンレス製の容器の開封作業中に放射性物質に被爆し、うち1人の50代の男性が大量被爆の事故となった。  26年前に「 封 」がされたウラン、プルトニウムが入った二重のビニールバックの中身を確認しようとした時に、突然それが破裂して放射性物質に被爆した事故で、50代男性の肺から22,000ベクレル【 Bq 】の「..
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.