So-net無料ブログ作成
検索選択

出雲大学駅伝2015は青山学院が逆転優勝 [テレビ]


マラソン駅伝


 

サスガは優勝候補の青学だ!!



 10月12日に開催された、

第27回、出雲全日本大学駅伝。

優勝は、盤石な強さを誇る青山学院大学でした。

タイムは2時間9分05秒!!∠(`・ω・´)

1区 小椋 祐介選手( 4年 )

2区 中村 祐紀選手( 2年 )

3区 久保田 和真選手( 4年 )

4区 下田 裕太選手( 2年 )

5区 山村 隼選手 (4年 )

6区 一色 恭志選手( 3年 )

というメンバー構成。全45.1Km。

 2位は強豪の山梨学院大学でした。


スポンサードリンク


 

違えたってイイじゃない、人間だもの。



 3位は駒沢大学だったが、優勝候補の一角だった、

4位の東洋大学は、1区の高橋選手が2区の主将、

服部選手へのタスキリレーで致命的なハプニングが!!

 なんと、コースを間違えて迷走してしまい、

Uターンして戻るのに20秒もの、致命的な

タイムロスをしてしまったのだった!!

(;・∀・)

 本人は、さぞかし自責の念に苛まれて居るの

かも知れないのだろうけれど、

私の様な部外者から見れば、別に誰かが直接的な

被害に遭ったわけでもないし、このミスに依って、

死傷者が出た訳でも無いので、反省は必要かも

知れないが、決して後悔は、しないで貰いたい。

 それでも、後の区間の選手が巻き返して、

結果、4位でフィニッシュしたのだから、

大したものだ。


スポンサードリンク


走る人に悪い人は居ない!



 私が小学生の頃から、良く聞いていた言葉だ。

コレは、短距離走の選手よりも、むしろ

マラソンランナーを指して、言われていた。

 よくよく考えてみると、長距離を走る選手で、

自殺されて、お亡くなりになった方は居るが、

何か、重大な犯罪を犯した人って、いただろうか?

 実は私も小中学生の頃は、強制的に、

マラソンや、野球、サッカーなどのスポーツを

させられていた時期があって、イヤイヤながら、

やっていた時期が有ったのだ。(;´Д`)

 そんな中でも、特にマラソンはキツくて嫌で

かつ、小児ぜんそく持ちの私には、拷問で有った。

 しかし、廻りの人間が言うのは、マラソンは、

「 自分自身との戦いだ! 」と。

.......そりゃ~確かに、そうでしょう!

3.5Km~10Kmの距離でも一杯一杯だったのに、

42Kmとか走れる人って余程、強靭な精神が無いと、

GOALするのも、ままならないと思うんですよね~。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.